Homeコラム > 眼の記憶08-6
眼の記憶08

第6回 明石海峡春景色
2008.3.9
写真 明石から望む瀬戸内海

 ことしも神戸・野田北部から春告魚がやってきました。「いかなごのくぎ煮」です。くぎ煮についてはこのコラムで何回も書いてきました(毎年いまごろの時季です)。この到来物をいただくと、ことしも春がくると実感します。野田北部のみなさん、ありがとうございます。くぎ煮を炊く、味わうなど、いかなごをめぐる噺は神戸の人たちだけでなく、わたしにとっても、いまやこの時季の定番となっています。新聞・TVなどのメディアもおなじです。インターネットで読んだ2月28日の神戸新聞夕刊に次のような記事がありました。「春の訪れを告げるイカナゴのシンコ漁が二十八日、播磨灘と大阪湾で解禁された。シンコは、甘辛く味付けして炊く『くぎ煮』の材料で、水揚げされるとすぐに競りにかけられ、鮮魚店やスーパーの店頭に並ぶ。初日は漁獲量が多く、魚体の大きさも『くぎ煮に最適』(漁協関係者)。漁師たちの表情は明るかった。」。記事にある「イカナゴのシンコ」はいかなごの稚魚のことです。シンコは新子、新仔とも書きます。

 同紙記事のつづきには、「明石市の林崎漁協では午前六時、漁船十四隻が一斉に出漁した。二十分後には明石沖で網を下ろし、漁が始まった。第一陣は午前八時ごろに帰港。」。「同漁協では早速、競りが行われ、初値は一かご(約二十三-二十四キロ)当たり平均二万三千円で、昨年より約一割高かった。初日の水揚げは約二百五十かごで、昨年同期の約二・五倍だった。」。「県水産技術センター(明石市)によると、播磨灘での産卵量は昨年の十分の一と少ないが、体長は少し大きめ。今年の漁獲量は、不漁だった昨年を上回るものの、平年より少ないと予測する。シンコ漁は四月下旬まで続く。」とありました。

 おなじみ、せっちゃん(河合節二さん・野田北部まちづくり協議会事務局長)も、Webサイト「野田北ふるさとネット」(http://www.nodakita-furusato.net/index.php)のコラム「ふるさと日記」(3月4日)でくぎ煮噺を書いています。「今まちなかは、甘辛〜い香りが漂っています。 そう「いかなごのくぎ煮」のシーズンが到来しました。 先月末に漁が解禁となって、早速お家での炊き上げ合戦が 始まりました。」。「 今日お昼に会社に戻ると、いかなごの新子の1Kgパックが(+_+) 。仕方がないので昼飯返上で炊き上げました。 やっぱこの時期くぎ煮付作らんと、ストレスが溜まるのか?  はたまたストレス解消のために作るのか?  どっちゃでもエエけど、後何キロ作ろうかなぁ・・・ えっ!出来栄えですか(-_-;)  地元のお母ちゃんも、自分が1番や!って思ってますので、 その辺はよろしくです(^_-)」。そうですね、この時季の野田北部のご婦人たちのあの顔この顔がうかんできます。せっちゃんの炊いたくぎ煮もいちど味わってみたいものです。

 ところで、せっちゃん、播磨灘はいま大変なことになっていますね。今月5日に起きたタンカーなど3隻の衝突事故です。報道に接して、いま、わたしの気になるのは、この事故の影響で、現場海域付近でいかなごのシンコ漁を自粛するうごきが広まっていることです。沈没した貨物船から流出した油が原因です。明石、淡路、神戸の兵庫県内の各漁協では5日の事故後、現場から半径4〜5キロでの漁の自粛を申し合わせた、と聞きます。海上に浮遊する油は海流などの影響で、7日現在、明石海峡大橋を挟んで東西50キロ、南北18キロに広がっているそうです。漁業関係者は、「じっさいに獲ってみないとわからないが、『魚に油が混じっている』という風評被害も怖いし、捜索の邪魔にならないよう漁師は現場付近では自粛をしている」と話しているということです。

 あれは阪神大震災の前々年の12月ですから14年余のむかしなりますか、TVの番組で明石の漁師さんを撮影したことがあります。未明の林崎漁港から漁船に乗り込んで、「明石蛸」の壷漁を撮りました。明石海峡の流れの速さと、完成まぢかの明石海峡大橋の向こうから昇ってくる朝陽を鮮明におぼえています。せっちゃん、わたしが愛読しているコラム「ふるさと日記」に、いかなごシンコ漁のそのごなども書いてくださいね。よろしくおねがいします。


【関連新聞記事】

  • [2008/03/07 神戸新聞]油流出高砂沖まで 除去作業で緊急会議
  • [2008/03/06 神戸新聞]油流出でイカナゴ漁一部自粛 明石海峡
  • [2008/03/06 神戸新聞]イカナゴ「質は大丈夫」ノリ網には油汚れも
  • [2008/02/29 神戸新聞]街角に甘い香り シンコ漁が解禁
  • [2008/02/28 神戸新聞]播磨灘に春の訪れ イカナゴのシンコ漁解禁
  • [2008/02/26 神戸新聞]イカナゴ漁 28日解禁 播磨灘、大阪湾
  • [2008/02/20 神戸新聞]イカナゴ漁期、事故防止を徹底へ 海自衝突受け
  • (c)2003-2013 The Group of Recording Noda Northern District. All Rights Reserved.
    inserted by FC2 system