Homeコラム > 眼の記憶08-23
眼の記憶08

第23回 ごくかんたんな報告(3)
2008.12.27
純米吟醸 ゆり 楽天市場

 神戸市長田区野田北部の散髪屋さん、林博司さん澄子さんご夫婦のことは、すでにこのコラムでも何回も書いてきました。阪神大震災で娘の由利さん(当時15歳)を亡くされ、家も全焼しましたが、博司さん(ふだんは親しくひろっちゃんと呼んでいます)は、自分の家庭の再建はいうまでもなく、「野田北部まちづくり協議会」の一員として地域の復興に力を尽くしてきました(その様子は、記憶のための連作『野田北部・鷹取の人びと』全14部に詳しい)。いまも、「野田北ふるさとネット」の事務局長として、コミュニティ活動に精をだしています。わたしは、震災後に野田北部で撮影をはじめてから、散髪はほとんど、髪切りはひろっちゃん、顔剃りはすみちゃん、の手になっています。いまだにそれがつづいています。

 朝日新聞朝刊に「縁」という読物シリーズがあって、今月21日(日曜日)に掲載された縁物語には、林さん夫妻と亡くなった娘さんが登場していました。見出しは「ゆり15歳 震災死 娘は会津の酒になった」で、会津若松市の女性杜氏の林ゆりさんとの交流物語です。どうぞ下記URLでお読みください。一読してわたしは林夫妻に、「読んだよ」とメールを打ちました。すると、「恥ずかしい、関東だけでよかった」と返信があり、全国版のはずなのにと思っていたら、追っかけて、「関西版にも出ていた、ショック」とありました。日頃から目立つことのキライな、ひろっちゃんとすみちゃんらしい反応でした。シャイなふたりですね。この記事を読んだ野田北部のせっちゃんは、自分のブログ日記に「来たる1・17に飲む酒は、純米吟醸『ゆり』にします」と書いていました。

 また、べつの知人からのEメールには、たかとりコミュニティセンター内に「震災資料室が作られつつあります。1月17日のオープンが目標で、きっと良い資料室となるでしょう。長田区役所7階ギャラリーでも『1.17震災資料展』があります。『神戸の壁』の記録も展示されます。17日は土曜日、ぜひ神戸にお越しください。そして、JR新長田駅前で行なわれる『1.17 KOBEに灯りをinながた』にも参加してください」とありました。みなさん、いかがでしょうか。わたしは来年も出かけます。鎮魂のローソクを灯し、会津の酒「ゆり」を一献傾けたいと思います。

  • 娘は会津の酒になった 「縁」/ゆり15歳 震災死(朝日新聞東京本社福島版 2008年12月22日)
  • 鶴の江酒造 純米吟醸 ゆり 720ml 楽天市場
  • 震災復興の歩み紹介 長田・たかとり教会に資料室開設へ(神戸新聞 2008年11月13日)
  • (c)2003-2013 The Group of Recording Noda Northern District. All Rights Reserved.
    inserted by FC2 system